今年の総括(第一弾)東久邇宮文化褒賞など<更新しました>

今年を総括するのはまだ早い気がしますが、2018年は予定を含めて個人史に残る出来事が多かったのです。

1. 2月10日 67歳誕生日にエルカミーノ創立20周年達成
2. 2月11日 ゴルフ・エルカミーノカップ50回記念
3. 3月12日 20年来の友人であり、またリスペクトであるノーキーエドワーズ氏他界(83才)
4. 3月15日 初めて伊勢神宮にお参りした
5. 5月14日 初のホールインワン達成(千葉ブリックウッドクラブ)
6. 5月29日 初めて名門「戸塚カントリー」でプレイをした
7. 6月9日 長女の結婚(沖縄の方と)
8. 6月13日 妻の還暦及び定年退職
9. 6月24日 東久邇宮文化褒賞受賞(内定)
10. 9月15日 勝馬推奨プログラム完成(WIN5獲得第一弾)
11. 11月1日 東久邇宮文化褒賞受賞表彰式 ⇒詳細
12. 11月18日 WIN5獲得第二弾(過去最高の配当)⇒詳細NEW

11. 11月1日 東久邇宮文化褒賞受賞表彰式

今年、四緑木星は最低の年のようでしたが、8月からは来年の運気を決める季節となっています。 特に、「東久邇宮(ひがしくにのみや)文化褒賞」を受賞の運びとなったのは、たいへん名誉であり長年の音楽活動が評価されたと思うと、感慨深いものがあります。

各界の有名人が受賞する中で、ライブハウスとしては初めての受賞だそうです。
故東久邇宮盛厚殿下が提唱したスピリットは、
「発明には上下の別はない。小発明も尊い、ノーベル賞を100とるよりも国民一人一人の小発明が大切だ。一億総発明運動をおこしたい。小発明軽視は国を危うくする。」

叙勲とは別に<三大宮様賞>が存在し
① 高松宮賞・・・スポーツで優秀だった方を顕彰。
②秩父宮賞・・・医療に貢献した方を顕彰。
③東久邇宮賞・・社会、文化、経済、政治等に功績のあった方を顕彰

文化・芸術・福祉・運動等の各分野において優れた業績に寄与し、世の人々に希望の灯火を照らした社会貢献の功績を評して授与される日本を代表する権威ある文化褒章のことです。

11月1日はガーデンパレスで授賞式のあと、18時からエルカミーノにて祝賀会をいたしました。 たくさんのみなさんにご来店いただきましてありがとうございました。(ゲストにビートルズバンド<テディベアバンドさんが演奏してくださいました)
20181101photo IMG_2305
12.11月18日 WIN5獲得第二弾(過去最高の配当)

この日は、不思議なことがありました。


昨日千葉県市原緑園都市で行われました「オータムコンサート」では、たいへん盛り上がりとても気分よく帰宅しました。
ところが、寝床に入っても昨日の演奏曲が頭の中で反芻され意識があるまま朝5時を迎えました(ほとんど一睡もできなかったのは初めての経験)。
まだ寝床で瞑想していると競馬プログラムの新しいロジックが浮かび上がり、じっとしていられなくてパソコンと格闘しました。

そんなことがあって、今日11時からの店でのパーティに臨みました。

このパーティは、競馬研究会のメンバーが主催者であり、演奏は競馬の神様といわれる方がベンチャーズバンドのリーダーです。
毎週行われるWIN5(5レースの一着を当てるゲームで”考える宝くじのような”ものです)にこの日も投票しました。
第1レースから順に1人気、2人気、1人気、7人気、5人気 の馬が1着になり、見事的中しました。
最後のレースでは、ゴール寸前まできわどいレースでハラハラドキドキものでした(3頭選んだ馬が1着と2着が入りました)。
このWIN5でのミソは第4レースの7人気の馬でした。
④サトノファンタシーの岩田康誠ジョッキーが最後の1mで頭ひとつくらいで抜き出て勝ちましたが、なんと1着から8着までほぼ同タイムの熾烈な争いでした。

このレースはハンディ戦でもあり、巷ではたいへん難しく大混戦が予想されておりましたが、3頭選びました。
選定理由はデータではなく、まったくの直観でした。
おととい店でのパーティの折、お客様に岩田さんがいらしたというのと、昨日市原でのパーティ主催者が岩田バンドに属してたということが、ポイントだったようで、無条件に岩田ジョッキーを狙いました。
(このレースは3連単でなんと173万円の高配当でしたが、ハンデ戦はパスしてます)

万馬券を頂戴した時には最初にお会いした関係者に幸運をおすそ分けすることにしており、おめでたい1日となりました。

競馬が大好きなエレキの神様ノーキーさんが他界したあとすぐに、伊勢神宮にお参りしたことも幸運の女神を呼んだのかもしれません。