今年の総括(第一弾)東久邇宮文化褒賞など

今年を総括するのはまだ早い気がしますが、2018年は予定を含めて個人史に残る出来事が多かったのです。

1. 2月10日 67歳誕生日にエルカミーノ創立20周年達成
2. 2月11日 ゴルフ・エルカミーノカップ50回記念
3. 3月12日 20年来の友人であり、またリスペクトであるノーキーエドワーズ氏他界(83才)
4. 3月15日 初めて伊勢神宮にお参りした
5. 5月14日 初のホールインワン達成(千葉ブリックウッドクラブ)
6. 5月29日 初めて名門「戸塚カントリー」でプレイをした
7. 6月9日 長女の結婚(沖縄の方と)
8. 6月13日 妻の還暦及び定年退職
9. 6月24日 東久邇宮文化褒賞受賞(内定)
10. 9月15日 勝馬推奨プログラム完成(WIN5獲得第一弾)
11. 11月1日(予定) 東久邇宮文化褒賞受賞表彰式

今年、四緑木星は最低の年のようでしたが、8月からは来年の運気を決める季節となっています。 特に、「東久邇宮(ひがしくにのみや)文化褒賞」を受賞の運びとなったのは、たいへん名誉であり長年の音楽活動が評価されたと思うと、感慨深いものがあります。

各界の有名人が受賞する中で、ライブハウスとしては初めての受賞だそうです。
故東久邇宮盛厚殿下が提唱したスピリットは、
「発明には上下の別はない。小発明も尊い、ノーベル賞を100とるよりも国民一人一人の小発明が大切だ。一億総発明運動をおこしたい。小発明軽視は国を危うくする。」

叙勲とは別に<三大宮様賞>が存在し
① 高松宮賞・・・スポーツで優秀だった方を顕彰。
②秩父宮賞・・・医療に貢献した方を顕彰。
③東久邇宮賞・・社会、文化、経済、政治等に功績のあった方を顕彰

文化・芸術・福祉・運動等の各分野において優れた業績に寄与し、世の人々に希望の灯火を照らした社会貢献の功績を評して授与される日本を代表する権威ある文化褒章のことです。

11月1日はガーデンパレスで授賞式のあと、18時からエルカミーノにて祝賀会があります(参加自由)ので、そこで改めてご報告をいたします(ゲストにビートルズバンドをお招きしてます)
higashikuninomiya