ゴルフ、なぜゆるゆるがいいのか(アプローチ)

img_g026

アプローチでなぜゆるゆるがいいのか

アプローチでトップしたりダフったりすると精神的にまいります。
これが全てのショットに影響を出し始めます。
このミスは絶対にしてはなりません。

ゆるゆるにすれば、まずその心配はなくなります。
距離感を出すにはPで練習をします。
小さい頃、ビー玉ゲームで線を越えないように一番近くに転がす、ということを競いました。
ソフトボールを投げるように、下手投げのイメージで柔らかく球を着地させます。
球を右足の線上におき、着地点を決めたら、そこに柔らかく落とすだけです。
ゆるゆるにグリップを握ると手首の力が抜けるので、トップしたりダフったりしなくなります。
あとは、芝目と傾斜を物理的に考えて落としどころを計算することが寄せワンのポイントです。

ドライバーの飛距離がそれほど出なくても、アプローチとパットで十分補えます。
ドライバーが良く飛ぶ人が、アプローチミスや3パットで崩れていくケースは自分を含めてよく見られます。
250ヤードドライブも1mのパットも同じ価値があります。

2016/06/30 | カテゴリー : ゴルフ | 投稿者 : wpmaster