カテゴリー別アーカイブ: いろいろ

ベイゴマ

小学生のころ近所の悪ガキ相手によくベイゴマ遊びなどをしました

ちなみによく遊んだのは
・ビー玉(土の地面に星を描いた中にビー玉を賭けて、取り合うゲーム)
・チェアリング(アスファルトで、ビー玉ゲームと同じルールで取り合うゲーム)
・メンコ(路上でメンコでサバを作り、相手のメンコをひっくり返し取り合うゲーム)
・ベイゴマ(バケツとシートと紐でトコを作り、相手の駒を弾いて外に出し返し取り合うゲーム)
・三歩取り(ボールを股の下から投げて相手にぶつけるゲーム、片手で取ると1歩前に進めるなど)
・ごろベース(庭球を素手で打ち、野球と同じルールで遊ぶゲーム)
・缶蹴り(あき缶を蹴っているいる間に隠れ、人質助けるゲーム)
・悪漢探偵(2組に分かれて、逃げる方を捕まえるゲーム)
・石蹴り(月下水木金土のマスを作り、石を蹴り陣地を取り合うゲーム)
・おはじき(相手のおはじきを当て親指を中心に回して陣地を作れる陣地取合戦ゲーム)
その他
・釘差し
・2Bによる空中爆発(危険でした)
・縄跳び(郵便屋さん、3重飛び、ハヤブサなど)
・ケンダマ(ろっぱ、はっぱ、このは、えのけん、一足飛び、世界一周、宇宙遊泳4など)
・絵合わせ(月光仮面、七色仮面など)
・自動車ガム(国別に10点集めると景品がもられます)
・草野球(上野公園や道路でチームを作り遊んだ、短いさんかくベースもあった)
・ドッジボール
・ポートボール
・手つなぎ鬼(4人集まると、2人ずつに分かれて鬼となり捕まえる)
・だるまさんが転んだ(鬼が振り返ったときに動くと負け)
・馬乗り(数人で人間台を作り、そこに飛び乗り台を崩す危険な遊びでした)
・竹馬ごっご
・羽根つき
・銀杏とり(軟球で枝に当て、落とす)
・度胸試し(暗くなってから、お寺の縁の下などに忍び込む)
・花札(”おいちょかぶ”、”いのしかちょう”などの絵合わせ)
・トランプ(7並べ、神経衰弱、ページワン、ババ抜き、ナポレオン、セブンブリッジ、大貧民、ブラックジャック、カブ、51、ダウト)
・碁(5並べ)
・将棋(まわり将棋、おかね将棋、はさみ将棋、本将棋)
・お手玉
・あや取り(川、ゴム、つづみ、東京タワー、一人あや取り)
・ずいずいずっころばし(親指と人差し指で穴を作り、歌が終わったときが勝敗となる)
・かくれんぼ/鬼ごっこ
・駆逐水雷(駆逐艦>水雷>戦艦>駆逐艦、の担当者が相手を捕まえる戦争ゲーム)
・忍者ごっこ(手裏剣、忍者走り、覆面、刀を背負う)
・お侍ごっこ(端木を切って大小の刀を作り、斬り合う)
・スーパーマンごっご(風呂敷などを首に巻いて、高いところから飛び降りる)
・お医者さんごっこ
・おままごと(ござを敷いて色水を作ったり)
・貝割(大きなハマグリの殻をハマグリの堅い場所でぶつけて割る遊び)
・各種ゲーム(野球盤、コピット、バンカース、双六、など)

ところで、ベイゴマの言葉の由来ですが、
和ごまに対して、アメリカから来た駒として米ゴマでは無いようです
ベイゴマのお尻のシェイプがある巻貝に似てることよりつけられた日本古来の駒です
興味ある方は調べてみるのも一興です

駒は
A,H,K,M,R,T,W
の文字がネイミングで駒の頭に彫られていました
駒の周りを削り、相手を弾きとばすための角を作ったり、よく回るようにケツをとがらせたりしました
最初からできている元角や元ペチャは違反でした(青田、中西など野球選手もありました)
相手をみんな弾き飛ばすと”ケイガン”と叫び、自分駒を取ると外に出た駒をもらえます
複数の駒が残った場合は”同力半周りもらいもん” と叫び、外に出た駒をもらえます
また相手の駒をひっくり返す(”カマ”)と勝ちです
左利きの人がいると、反対向きの回転により、駒のリキが吸い取られてほぼ同時にとまってしまいます
べいひもの使い方にも、チンコ結びというのがあり素早く準備をしなければなりません
通常4人くらいですが、人数が多いとガチャガチャとすごい迫力です
天塩をかけて作り上げた駒を”ダッチャン”と名付けて、負けて取られても取り返すチャンスが与えられます
当時1つ3円(小ごま)、5円(おおごま)だった記憶です
勝負に勝つと獲得した駒をポケットいっぱいにいれて、自慢げに家に持ち帰りました
そういうわけで、親譲りでしょうか、小さい時から勝負事が好きだったようで、いまでもその血がたぎっております

今回は、昔こんな遊びがあったということを思い出しました
町によりいろいろきまりがあり、これらは台東区下谷界隈の遊びでした

マスターの独り言 <久々、更新しました>

この2~3年くらいブログを更新してませんでした。

特に理由はないのですが、体調が悪いわけではありません。

いろいろ熱中することがあったのは事実で、これが筆不精の原因かもです。

昨日フマキラーのコマーシャルを車のラジオで聞いていたら、キラーはわかるがフマっていったい何の意味があるのだろうかと、つまらない疑問ですが小さい時期にお世話になった記憶があります。

調べるとわかるのですが、ちょっと考えてみてください。

<ヒント>英単語の頭文字です。

13年前の2009年に最初のガンの手術をしてから、11年前の大腸がんの手術、6年前の肝臓に転移したガンの手術を経験しました(ブログに書いた通りです)。

先週(2022.6.17)検査結果がでて、すべてのガンの転移はないことがわかりました。

これまでは毎年、大腸がんの内視鏡検査、CT、超音波エコーはかかさず受けておりました。

主治医からは血液検査もややメタボはあるもののガンマークは異常なく、いい状態ですといわれました。

飲食の改善により、体質改善したと確信してます。

人間の体は1年で作り替わるといわれてます。

<朝食>
カフェインレスコーヒー(デカフェ)
主食は玄米のお粥
必須トッピングは、梅干し、キムチ、小豆
オプションに、しらす干し、葉物、卵、漬物、ほぐし鮭、枝豆、時折納豆
吸い物は昆布入り味噌汁

<昼>
炭水化物は控えめで自由。
甘いものの間食はしません。

<夜>
炭水化物はなし。
アルコールはビール缶1~2本、赤ワイン2-4杯。

基本は免疫力を上げるものを中心にしてますが、魚、豚肉やチーズも好物です。

とりあえず、近況報告をします。

これから毎週更新予定です。

今年の総括(第一弾)東久邇宮文化褒賞など

今年を総括するのはまだ早い気がしますが、2018年は予定を含めて個人史に残る出来事が多かったのです。

1. 2月10日 67歳誕生日にエルカミーノ創立20周年達成
2. 2月11日 ゴルフ・エルカミーノカップ50回記念
3. 3月12日 20年来の友人であり、またリスペクトであるノーキーエドワーズ氏他界(83才)
4. 3月15日 初めて伊勢神宮にお参りした
5. 5月14日 初のホールインワン達成(千葉ブリックウッドクラブ)
6. 5月29日 初めて名門「戸塚カントリー」でプレイをした
7. 6月9日 長女の結婚(沖縄の方と)
8. 6月13日 妻の還暦及び定年退職
9. 6月24日 東久邇宮文化褒賞受賞(内定)
10. 9月15日 勝馬推奨プログラム完成(WIN5獲得第一弾)
11. 11月1日 東久邇宮文化褒賞受賞表彰式 ⇒詳細
12. 11月18日 WIN5獲得第二弾(過去最高の配当)⇒詳細NEW

11. 11月1日 東久邇宮文化褒賞受賞表彰式

今年、四緑木星は最低の年のようでしたが、8月からは来年の運気を決める季節となっています。
特に、「東久邇宮(ひがしくにのみや)文化褒賞」を受賞の運びとなったのは、たいへん名誉であり長年の音楽活動が評価されたと思うと、感慨深いものがあります。

各界の有名人が受賞する中で、ライブハウスとしては初めての受賞だそうです。
故東久邇宮盛厚殿下が提唱したスピリットは、
「発明には上下の別はない。小発明も尊い、ノーベル賞を100とるよりも国民一人一人の小発明が大切だ。一億総発明運動をおこしたい。小発明軽視は国を危うくする。」

叙勲とは別に<三大宮様賞>が存在し
① 高松宮賞・・・スポーツで優秀だった方を顕彰。
②秩父宮賞・・・医療に貢献した方を顕彰。
③東久邇宮賞・・社会、文化、経済、政治等に功績のあった方を顕彰

文化・芸術・福祉・運動等の各分野において優れた業績に寄与し、世の人々に希望の灯火を照らした社会貢献の功績を評して授与される日本を代表する権威ある文化褒章のことです。

11月1日はガーデンパレスで授賞式のあと、18時からエルカミーノにて祝賀会をいたしました。
たくさんのみなさんにご来店いただきましてありがとうございました。(ゲストにビートルズバンド<テディベアバンドさんが演奏してくださいました)

20181101photo
IMG_2305



12.11月18日 WIN5獲得第二弾(過去最高の配当)

この日は、不思議なことがありました。

昨日千葉県市原緑園都市で行われました「オータムコンサート」では、たいへん盛り上がりとても気分よく帰宅しました。

ところが、寝床に入っても昨日の演奏曲が頭の中で反芻され意識があるまま朝5時を迎えました(ほとんど一睡もできなかったのは初めての経験)。

まだ寝床で瞑想していると競馬プログラムの新しいロジックが浮かび上がり、じっとしていられなくてパソコンと格闘しました。

そんなことがあって、今日11時からの店でのパーティに臨みました。

このパーティは、競馬研究会のメンバーが主催者であり、演奏は競馬の神様といわれる方がベンチャーズバンドのリーダーです。

毎週行われるWIN5(5レースの一着を当てるゲームで”考える宝くじのような”ものです)にこの日も投票しました。

第1レースから順に1人気、2人気、1人気、7人気、5人気 の馬が1着になり、見事的中しました。

最後のレースでは、ゴール寸前まできわどいレースでハラハラドキドキものでした(3頭選んだ馬が1着と2着が入りました)。

このWIN5でのミソは第4レースの7人気の馬でした。

④サトノファンタシーの岩田康誠ジョッキーが最後の1mで頭ひとつくらいで抜き出て勝ちましたが、なんと1着から8着までほぼ同タイムの熾烈な争いでした。

このレースはハンディ戦でもあり、巷ではたいへん難しく大混戦が予想されておりましたが、3頭選びました。

選定理由はデータではなく、まったくの直観でした。

おととい店でのパーティの折、お客様に岩田さんがいらしたというのと、昨日市原でのパーティ主催者が岩田バンドに属してたということが、ポイントだったようで、無条件に岩田ジョッキーを狙いました。

(このレースは3連単でなんと173万円の高配当でしたが、ハンデ戦はパスしてます)

万馬券を頂戴した時には最初にお会いした関係者に幸運をおすそ分けすることにしており、おめでたい1日となりました。

競馬が大好きなエレキの神様ノーキーさんが他界したあとすぐに、伊勢神宮にお参りしたことも幸運の女神を呼んだのかもしれません。

突然インターネットにつながらなくなった●重要

img_a042

<背景>

7月15日に、アップデートした時から、インターネットやメールが使えなくなりました。
悪戦苦闘の末、パソコンを買ったケーズデンキで診てもらったところ、三日後に「このパソコンはwindows 10に適していない。スパイウェア(マルチウェア)に侵されているので、初期のwindows 7に戻すしかありません。費用は初期化費用3万円、データ復帰作業料3万2千円かかります」と診断されました。

新しいパソコンを買うか、初期状態に戻すかの選択となりましたが、どちらもあとからインストールしたアプリは買い替えるか、メーカーに相談して再度キーを作ってもらう必要があります。

面倒なことになりました。

しかし1週間ネットでいろいろ調べ、本日(7月28日)に完全復帰しました。

おそらくこの問題で苦労されている方も多いことと思い、その手順をご紹介することにしましたので、参考にしてみてください。

なお、アップデートした時や、無料フリーソフトなどと一緒に入り込みますので、注意しましょう。

<症状>

Windows10に昨年アップしてから、時折アップグレードのメッセージが出たので、躊躇なく指示にしたがってインストールすると、翌日から、

・インターネットにつながらない(アイコンが開かない)
・プラウザの初期URLが、”hao123”に変わっていた
・メールの送信ができない(受信はできることもある)

<原因>

7月15日に、アップデートした時に、40個ぐらいのソフトが勝手にインストールされていた。
その中に見慣れないソフトがいくつかあったが、”日本hao123ショーカット”だけがアンインストールできないので、これを疑ってみた。
またネットで調べると、”日本hao123”というソフトが危ないということも分かった。
おそらく、”hao123”がネットワークの邪魔をしているスパイウェアだと結論付けた。

<対処>

“日本hao123”はパソコンのレジストリーを調べると、”Baidu”が提供していた。
これがスパイウェアの原因だろうと推測し、”Baidu”をレジスターから削除した。
念のため再起動したら、インターネットもメールの送受信もできるようになった。

<手順>

1. WindowsキーとRキーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドで”regedit”と入力します。
2. レジストリーエディターウィンドが現れるので、
HKEY_CURRENT_USER→SOFTWARE→Microsoft→Baidu
3. Baiduの中を見ると、hao123があるので、不要ならBaiduファイルごと削除します。
4. 再起動します。

これで対処できました。

1週間しつこく悪戦苦闘し、さじを投げあきらめる一歩出前、自力で解決できました。
初期化しなくてすみ、たいへん助かりました。

<参照サイト>

www..geocities.co.jp>baidu-hao123

あきらめず最後まで頑張った結果です(やくやった、よくやった)

<補足>

また real player、Kingsoft Officeに日本語版変換ソフトBaidu IMEがバンドルされている場合があります。
これは、クラウド入力が有効になっている時に、Baiduのサーバに入力情報が送られる仕組になっており、個人情報などを入力した情報をサーバに取り込むスパイウェアらしいので、用心してください。

幻のスピーカーThe voice of Theater

本日、ある著名な方よりあり幻のスピーカーThe voice of Theaterがエルカミーノに寄贈されました

これはオーディオマニアならだれでも知っている英国生まれの名器ALTEC A7システムです

おそらくギターでいえば、モズライト、車でいえば、ロールスロイスでしょう

かなり大きく重厚な感じのするスピーカーシステムです

ピアノ、弦楽器、ボーカルなどに対し迫力あるサウンドをかもちだします

レコードと真空管アンプと組み合わせると最高でしょうね

ジャズカフェなどにとてもお似合いです

今度こられたら是非ご視聴ください

レコードもかけられますので、どこからか贔屓のレコードを引っ張り出して持ってきてください