今年の健康キーワード(その6)2016.1.30

痰がなぜ出るようになったのかついて詳しく麻酔の女医に聞きました

全身麻酔の場合は、いろいろな管などを人体に通します

①排尿のための管を膀胱までいれます
②人工呼吸のための管を肺までいれます
③全身麻酔薬の投与のための管(針)を脊髄に刺します
④心電図のプローブ(端子)を胸部に数枚はります
⑤麻酔・生理液を点滴するための針を腕に刺します

このうち①と②は麻酔が効いてから施されるので、いつのまにか管が入ってました

人口呼吸の管が気管支を通して肺に入ると異物が入ったとものと察知し排除する機能が働きます

それが痰となって外に吐き出される要因となっており、私の場合、過去にさらに咽頭がん治療で喉(中咽頭)に放射線を浴びた関係で痰が出にくくなっているとのことでした

その説明で至極納得いたしました

さて、入院したときに便利だと思ったものをいくつか列挙します(ごく当たり前のものは割愛)

・毛布
病院の薄い掛け布団だけでは、冬場は朝方の寒さに少し堪えます
温度調整用に軽いものが1枚はあると助かります

・洗濯ばさみ
ベットのてすりに、タオルやビニール袋を掛けるのにたいへん役立ちます
鼻をかんだり、口をゆすいだりしたときの濡れたティッシュや痰などを容易に入れられます

・マグネット付のハンガー
棚や冷蔵庫の金属面にしっかりと固定できるので、ケーブルや小物掛けにたいへん重宝します

・延長テーブルタップ
パソコンや携帯充電器、その他電気製品を複数台使うときに便利です

・モンダミンライト
歯磨きが面倒なときにはこれで代用することができます

・ポケットテッシュ
どこでも使えて便利ですのでたくさん持っていきましょう

・カレンダー
治療計画や各種スケジュールを記入します

・イヤホン
テレビ用に病院によっては設置されていますが、長くて片耳用が便利です

・ペットボトル
これはたくさんあったほうが便利なので安く多めに仕入れておきましょう

・コーヒーにココナッツオイルを入れる
術後は便秘になりがちなので、快便用の秘密兵器です

・足音のしない室内用の防寒スリッパ
廊下を歩くときにパタパタと音がすると気になるものです
暖かそうなものは履いていてとても気持ちがいい

・使い捨てのプラスチックスプーン

などです

今年の健康キーワード(その5)2016.1.29

本日より全ての管が外れ糸の切れた凧状態となり巣立ちの準備を始めます

一昨日医師より退院はほぼ1週間後と宣言されましたので、2月2日ないしは3日になる見込みとなりました

脊髄麻酔もはずされ経口麻酔薬だけなので幾分咳き込んだときに痛みが出るかもしれませんが、自由に歩けトイレも不自由しておりません

27日の腹部レントゲンでは腸内にガスが溜まっておりましたが歩行をするようになり28日にはガスがほぼなくなり良好な状態となった画像を見せてもらいました

さらにコーヒーも飲めるようになったので、ココナッツオイルを一さじ浮かべて飲み、さらにヨーグルトを添えたら腸の動きも活発になったのは言うまでもありません

病院の食事については一般にまずいといわれてますが、そうそう馬鹿にしたものではありません

ちゃんと味付けもしてあり、肉や野菜なども調理されてます

おかずよりもご飯の量が多いので半分に減らして欲しいと看護師に相談したら、病院食だとついついカロリー不足になるのでご飯の量は減らさないのだそうです

たんぱく質がどうしても足らないようなので、別にチャーシューやウコッケイの生卵などを買い入れて補食しています

私の場合は全粥でしたので、のりの佃煮や梅干などで味付けをしました

江戸ムラサキのことを看護師さんが知らなかったことが、つまらないことですが病室で話題になりました

ついでに当たり前だのクラッカーの会社はとうに無くなったなどと昔のコマーシャル話もでてきました

入院するときの心得を幾つか列記します

●健康な人ほど大病になりやすいので、定期健診は怠らない
→初期段階での治療がはるかに優位であることは私が身をもって証明しました
初期段階で外科手術し術後の痛さでは苦しみましたが、がんで苦しんだことは一切ありません
特に大腸がんはステージが進むと必ずといっていいほど肝臓に転移しますので大腸がん検診と胃カメラは毎年お勧めします(半年でもがんは成長していきます)

●病院を選定することがもっとも重要です
→かかりつけの病院が必ずしもベストとはいえません
町医者から薦められた病院は利権や先輩後輩関係などが絡んでいると思いますので、まずは疑ってかかりましょう
いまやインターネットなどでもいろいろ情報が探れますので自分で病院と医師を決めることが後で後悔をしません
もちろんセカンドオピニオンによる意見交換は絶対に必要です
大腸がんのときは、最初の病院と実際にかかった病院とでは雲泥の差がありました
一回目の咽頭がんの時は、健康に自信を持っていましたので医者の言うことは何でも正しいと思い、全て従いました
それが失敗でした
幾つかの後遺症が残り、それが今でも不自由の源となっております
大腸がんのときは、さすがにその病院の言うことには信用ができずに一生懸命調査した結果、今の病院に落ち着きました
各専門医同士、看護師などとの情報交換がよくできており全てがスピーディに処理されているので、ここなら安心して検査・治療・ケアを受けられると確信しました

●風邪などを少しでもひいた状態での入院は控える

→前述したように咳き込むと傷口に響き七転八倒の苦しみが待っています

●疑問に思ったことや知らないことは遠慮せずに聞いてメモし後で調べる
→担当医には手術の様子を詳しく聞き、必要な画像を撮らせてもらい、医師の所見を細かく尋ねる
→点滴などで訳のわからないものを体に注入されるのは承知できないので、必ずどんな効用がある薬なのかを尋ね副作用についても聞きます
体の調子が時間と共によくなっていくので、いつまでも点滴を続けるのは逆効果になると思い、自分の意思で投与是非を決め相談します
肝機能を強くするもの、抗菌をするもの、胃壁を保護するもの、麻酔薬、栄養、生理食塩水、利尿剤など

●できるだけ、有名人は別として見栄など気にせず4人部屋などで患者同士苦楽を共にするのがいい
→思わぬ情報を得られたりお互いにはげましあったり孤独感から開放されます
次は自分はこうなるんだなあ、と覚悟を決められたり困ったときのノウハウを教えてもらえます
夜中いびきやうめき声に悩まされることも多々ありますが、得られる情報量は大きく貴重な知恵を授かります
もちろん部屋代も格安です(私の場合は廊下側なので1日3食看護付で0円です)

※最近C型肝炎の手術を受けた隣の患者さん(68歳)からすごい新薬の話を聞きました

100%近い治癒率だというものです

ソバルディというもので、3ヶ月で500万円もする高価な薬です(1錠約6万円)

昨年医薬品として認可され保険が適用になったとのことです

調べたらハーボニーという類似薬もありました(1錠約8万円)

ちょうど団塊世代の方で、小さい頃、針を取り替えないで打つ予防注射でウィルスを移されたと話してました

確かに思い当たる節もあります

会社時代私の上司だった方(68歳くらいで今もご健在です)がC型肝炎でインターフェロンを投与していたことを思い出します

これで10年生存率のワースト3位の肝臓がんが改善の方向に向かうのは素晴らしいことです

今年の健康キーワード(その4)2016.1.27

12:30に手術室に入り、全ての準備が完了し10秒ほど経過した時に、美しく澄んだ声で
“戸田さん、おわりましたよ” 

目を開けると美しい二人の天使が私の顔を覗き込んでいました

ここは天国か?

まさにベンチャーズの名アレンジ”Ten seconds to Heaven”(パラダイス・ア・ゴー・ゴー)はここから由来してるのか、深い意味があったんだな、と勝手に解釈しました

時計は15:30なので正味2時間半でした

予定より早かったのは、腫瘍は血管を移植するには及ばなかったようでした

出血も100mlくらいだったので輸血もありませんでしたのでホッとしました

切除した部位は→コチラです(見たい人だけの限定です)

小さく丸く見えるのが腫瘍です(親指と人差し指を丸めたくらいの小ぶりです)

お腹を横にサインペンの長さぐらい、縦に鉛筆の長さぐらいの逆L字型の開腹でした

切断面は焼き、そのままの形で細胞分裂して増殖するものだそうです

数日前に読んだ「修羅走る関が原(山本兼一著)」の義の武将大谷義吉継の切腹と同じ型でした

当時は麻酔をしないでしょうからものすごく痛そうです

即座に首を介錯してもらわなければたまりませんね

肝臓の場合は術後大事をとり1日半ICU(集中治療室)で手厚い看護を受けます

ベッドは居心地がよく若くてきれいな看護師さんも安堵するような話しかけと丁寧な処置をしてくれたのが何より嬉しく思いました

しかし地獄の苦しみはこれから始まりました
前回大腸がんの時にも咳き込むとたいへん痛く、トイレに行くにもベッドの乗り降りにも往生したものでした
ある一定の角度でないととてもじゃないけど、ベッドから降りられません
まるで地球に宇宙船が戻ってくる時の、一定の入射角のようなものです

今回は脊髄から管を通してSPA(自己調節鎮痛法)が施されていたので、ベッドからの乗り降りはさほど苦痛ではなかったが、困ったのは粘っこい”痰”です
術後は痰が絡むのでそれを吐き出さないと息ができなくなるので、咳き込むときにいきみますが、そのときに激痛が走ります

実は次の夜(26日)はその咳き込みが100回くらいあったでしょうか、一晩中寝られませんでした
切ったところがパクッと開くのではないかと、心配してましたがそんな柔な手術ではないと看護師にいわれたのでまずは一安心

SPAで強く鎮静することもできたので、助かりましたが”ゼロゼロ”と痰が絡むのにはたいへん困りました
父と母のときも”ゼロゼロ”すると吸引機で処置をしましたが、看護師さんが強引に処置をするのをみていて、苦しそうだな、と思ってました

さすがに私も辛さに負けそうになり、夜勤の看護師さんに吸引機を依頼しましたが、自力で出せる患者には受け付けてくれませんでした

そんなこんだで昨晩は地獄の苦しみを受けましたがなんとか乗り切り朝を迎えました
医師の往診時に、痰について尋ねたら、起きて歩いて痰を出すしかないとのことでしたので、看護師に相談したら粘っこい”痰”を少しでも水っぽくするネブライザーを使わせてくれました
ネブライザーはぜんぞくの方が使うそうですが、たしかに幾分”痰”にも効果がありました

痛い話ばかりでしたが、これが現状です
なるべく、最先端の治療技術と看護の現状を知ってもらいたく報告をしております
がん治療はこれで3度目のベテランですが、これで次はないと確信しました
今日は、まだ体液排除のドレインとSPAをつけて歩き回っておりますが、明日あたりから外れる模様です

今回のは肝臓がんでなく大腸がんの親子だったとは知りませんでした
朝日新聞(1月26日)の「がん10年生存率をどう見る」を添付しましたのでご参考にしてください

押すと拡大されます

押すと拡大されます

手術成功 2016.1.25

ご心配をおかけいたしております戸田の件ですが、
本日の午後に行われた手術は、予定より早く終わり、
無事成功したしました。

取り急ぎご連絡させていただきました。

今年の健康キーワード(その3)2016.1.22

本日執刀担当医より明確な説明がありましたが、私の想像とは間逆の癌だったので驚きました

大腸がんの転移ではないと想定しておりましたが、これは”異時性転移の大腸がん”であると明言されました

転移だったらあちこちに癌の芽が飛び散りいろいろな部位で癌ができます

今の今まで転移でないほうがいいものだと思ってましたので、大腸がんからの転移だと聞かされたときには目の前が暗くなりました

医師に

“この間発表された10年生存率で、ワースト2位の肝臓がんでしょうか”

と尋ねたら、

“これは大腸がんです”と

意外にもきっぱり断言されました

肝臓がんなのに大腸がんとは、これいかに?

大腸がんは腺癌といわれる種類に属するもので、アメーバーのようにとげとげがあります

そのとげとげを残すとそれが芽となり他の部位に転移するので周りを幅広く切除します

湿潤している周りのリンパ節まで広範囲に切除する理由です

肝細胞癌は丸く膨張していく癌なのでそれほど広範囲には切除する必要はありません

私の場合は、半年前には米粒くらいだったのが直径17mmぐらいに成長してました

肝臓は細胞分裂により術後一ヶ月で元に戻るので肝臓は肝臓移植が可能な臓器とのこと

肝臓がんというのは肝硬変が元になったがんで、飲酒やウィルスによって引き起こされる

医師は”10年生存率の肝臓がんには、異時性転移の大腸がんは含まれず、単なる大腸がんの範疇にはいるものと定義されている”、とお話されました

それを聞いて、地獄で仏様にあったかのように”助かった”と思いました

10年生存率によると、大腸がんはベスト5に入り平均生存率70%なので肝臓がんの15%とは間逆です

さて、今回の手術的には多少問題があります

部位は小さいが奥にあり静脈に絡んでいるという難度の高い手術のようです

さらに心臓の近くにあるため大きくL字型に開腹せねばなりません

また静脈の合流地点にある血管にもがんが湿潤しているので、一部を切除し他から血管を移植するので3時間程度の手術となります

切除量は数%で済みそうです(肝機能は正常なので70%切除しても大丈夫とのこと)

リスクについては
・止血しながらの手術だが出血が多ければ(1リットル超)輸血となるが、その確率は5%
・術後出血の可能性については0.5%
・胆汁が漏れる可能性は5%(漏れても膿となって排出されるので問題なし)

ひと昔、肝臓がん手術は命がけの大手術だったが、今や医療技術が進歩し輸血なしでも完治できる時代となったのです

さまざまな検査により肝臓がんの存在や性格がわかり、事前に正しい治療法が確立されます

① 肝臓の検査
MRI(磁気)、CT(X腺)、PET(X腺)、腹部エコー、血液検査(マーカー)

② 付帯検査として
心電図、心臓エコー、肺機能検査

まとめると、

・複数のがんマーカーも検知されないので、転移もこれが最後のがんだと考えられる
・やや難易度の高い手術であるが経験豊富な医師グループなので安心できる
・開腹手術であるが退院も10日前後で可能となり、ゴルフも3ヶ月以内で可能
・飲食についてはなんの制限もない(お酒も飲みたった時にオッケー)
・組織を病理検査で保存し万が一再発しても部位からデータを取り込める(新しい試み)

痛みがとれ炎症がなくなり食欲がでてきたら7~10日で退院できるとのことでした

あとは25日が来るのを待つだけ、首を洗いまな板の鯉になるだけです

術後の歩行訓練は2~3日厳しいものがあります(大腸がんの時と同じかな、”あ~、やだぁ”)

今年の健康キーワード(その2)2016.1.20

今朝のニュースでガンの生存率が10年に書き換えられると全国がんセンター協議会から衝撃的な発表がありました
それによると、肝臓がんはすい臓がんについで死亡率が高いとありました

ベスト4は、甲状腺(91%)、前立腺(84%)、子宮体がん(83%)、乳がん(80%)
ワースト4は、すい臓がん(5%)、肝臓がん(15%)、胆嚢胆道がん(20%)、食道がん(30%)
この数値は、ステージⅠ~Ⅳの平均値のようです

肝臓がんの場合では、
ステージⅠ(29.3%)Ⅱ(16.9%)Ⅲ(9.8%)Ⅳ(2.5%)平均(15.3%)、手術症例(29.8%)

大腸がんの場合では、
ステージⅠ(96.8%)Ⅱ(84.4%)Ⅲ(69.6%)Ⅳ(8.0%)平均(69.8%)、手術症例(70.4%)

咽頭がんの場合では、
ステージⅠ(93.9%)Ⅱ(63.0%)Ⅲ(53.0%)Ⅳ(54.1%)平均(71.9%)、手術症例(66.3%)
となっています

ただし、転移よるものかどうかの説明は見当たりません

というわけで、私の肝臓がんの質やステージがいまいくつなのかは術後の生理検査でわかりますので、10年生存率があきらかになります

過去2009年に中咽頭がん、2011年に大腸がんの手術をしましたが、幸いそれらのガンからの転移ではないということが、その後の検査や医師の知見から説明がありました

なぜガンになったかその原因については憶測ですが、
中咽頭がんは当時お店でのタバコの副流煙(タバコはすいませんので)、大腸がんは強いお酒(愛飲家です)、肝臓がんはやはり飲酒によるものだろうと考えております

父方、母方の家系ではガンの症例は聞いてないので後天的なものでしょう

少なくとも今年いっぱいは禁酒して休肝のために養生いたします

すでに一ヶ月禁酒しておりますが、とりあげて苦痛や禁断症状はないので可能だと思っております

気になる治療費ですが、今年(2016.1.1)から高額医療限度額が改定になっております

住民税非課税世帯の場合は35,400円
年間所得210万円以下は、57,600円
600万円以下は、80,100円
900万円以下は、167,400+(総医療費-558,000)*1%
900万円超は、252,600+(総医療費-842,000)*1% 

高額医療限度額が認定されれば虚血症などの心臓手術の場合でも、1400万円(個人負担3割:420万円)がこの金額で収まります

今回も虎ノ門病院の黒柳先生の医師グループにお世話になることになりました

検査入院19日、開腹手術25日、退院まで10日間を予定しておりますが、患部が中心に近くまた動脈も近くにあるので慎重な開腹手術になります

ここの病室は4月に新装される予定ですが、割と清潔で看護師も教育が行き届いており、また4人部屋だと室料が0円ですので、たいへん満足しております

周りに人がいたほうが、いろいろ情報も入るし結構がん友同士で会話も弾みます

私が入ったベッドは前日に82歳の方が8度目のがん手術を終え無事に退院したあとだったと、同室の直腸がん治療中の方から伺いました

大腸がんの際には穴を5箇所開ける手術でしたが、薬嫌いな私は鎮痛剤を飲まずにリハビリしたせいか、たいへん痛くて夜中のトイレには往生した経緯があります

今回は開腹で10センチは切られそうですので、前回以上の辛さがあるものと想定しております

入院時に買った「修羅走る関が原(山本兼一著)」を読んでいて、武士が割腹する場面になると、あの時代に生まれてなくてよかったなと、日本で戦争のない時代に生んでもらい思わず感謝してしまいます

話は変わりますが、最近中鎖脂肪酸やビタミンEの多いココナッツオイルに凝っております(女優さんが肌の若返りに飲用しているそうです)

ココナッツオイルの効用は調べてみてください

ほんのり甘い匂いがしてコーヒーやカレーなどにとてもよく合います

糖質を制限するとガンが育たなくなる、認知症の原因になるアルツハイマーを防止するという新説(宗田哲男先生著、山田悟先生著)に痛く共鳴したためでしょうか、お米を少なくし肉、卵、チーズなどを多く摂取するようにして、ケトン体によるエネルギー代謝に切り替えていこうと思っております

これまでの定説が全く覆ることになります

・炭水化物は60%が適量
・高コレストロールは動脈硬化につながる

なんと自殺者の多くがうつ病が原因です

コレストロールを下げる薬を飲むとうつ病になりやすいということにも起因しているようです

今年の健康キーワード(その1)2016.1.10

「ケトン体、糖質、糖尿病、肝臓がん、生姜、MEC、コレストロール、ココナッツオイル、白米、江戸患い、脚気、体温、禁酒」

昨年末の定期検診より、肝臓がんの疑いがあるとの検査結果がでました

悪性であろうが良性であろうがまだ初期段階なので、切除してしまえばどうってことはないのですが、肝臓は沈黙の臓器であるとともに切除しても再生可能な臓器でもあります

3度目のガンがやっときたな、とショックを受けることよりもまた病気との新たな戦いが始まります

60歳の時に続き、今度は65歳の壁でしょう
またブログを再開します

さて、これまで咽頭がん(2009年10月)、大腸がん(2011年12月)を経験し生活習慣にはこれまでになく注意を払ってきました

・食事 玄米に切り替えた
・喫煙 店内を禁煙にした
・酒 強い酒は避け、ワインとビール中心にした
・検診 毎年精密検査をする(エコー、CT、大腸内視鏡、胃カメラ、血液検査)

その後のがんの転移は認められず、体重は70kg(2008年)→54kg(2009年)→63kg(2015年)とベストに戻りました

コレストロールはやや高めだが、血圧は60-120あたりで安定
元来薬はきらいなのでリコメンドされても処方薬は一切服用しません

人間は本来自己免疫力があるので、自分で作り出した病気は薬などの治療なしで治せるはずだと信じます

つまり、生活習慣の基本となる飲食によって体のベースが出来上がっているわけなので、まず食事を見直すことが最重要な要素だと考えます

「食物⇒薬」

という方程式は成り立ちますが、逆は真ならず
薬には強烈は副作用がある点が違います

そこで栄養学的な見地から食事について見直すことにしてみました

以下がこれまでの結論です
健康キーワードを使って説明致します

まず怪しい俗説について

・日本人に胃がんが多くて外人は大腸がんがおおいのは、肉食の摂取量の違いによる
・コレストロールが高いと、脳血栓になりやすい
・血圧が高いと脳溢血になりやすい
・ダイエットはカロリー制限が大切
・がんの治療は3種の神器が必要(外科による切除、放射線による縮小、抗癌剤による縮小)
・糖尿病にはインシュリン注射
・炭水化物は60%摂取することが望ましい

など巷ではいろいろ言われますが本当に正しいかどうか最近では疑問です
新しい発見や異説が唱えられていますが、それらを踏まえて考え直してみたいと思います

そもそもヒトはその昔ホモサピエンスが先祖ですが、その前には300万年前パラントロプス、アウトラロピテクスといわれる草食系原始人がいましたが、脳も小さく絶滅してしまい、肉食系のホモサピエンスが生き残ってきました

狩猟中心のため石を使った攻撃や肉食獣が残した骨を砕くのに親指が他の生物とは違い格段に発達しました

その後アフリカから長い間かけて日本に移ってきた民族が、3000年前の弥生時代に稲作を始めました

その前の縄文時代までは魚や貝を食べたり、小動物の狩猟による生活でした

米が主食になったのは人類史上ごく最近のことであり、本来は肉食であるヒトのDNAが伝わっていると考えられます

米は炭水化物であり、一方肉はタンパク質と脂肪です

自ずと消化酵素の種類も違ってきます

米などの炭水化物に多く含まれる糖質は脳の栄養として不可欠なものですが、一般細胞やガン細胞の栄養素でもあります

血液の中の糖分を調整する酵素はインシュリンですが、江戸時代ころより白米が主食となり始めると、すい臓が疲弊し糖尿病になったりビタミンが不足して脚気が急増してきました

〝江戸患い〟という言葉が武家の間で囁かれ蕎麦が好まれるようになったのも事実です

参勤交代で江戸に行くとおいしいごはん(白米)が食べられますがその結果ビタミンB1が不足し脚気になり神経炎や心不全になったとあります

将軍徳川家定、徳川家茂なども脚気が原因で死亡しました

また明治時代日清戦争で兵隊さんが脚気により戦地で大勢亡くなったといわれてます

明治政府は徴兵する際に、“ご飯を1日6杯食べられる”ことを宣伝文句にしてました

白米の茶碗1膳は角砂糖17個分に相当しますから、甘くない砂糖だと考えられます

砂糖は酵素でブドウ糖になり小腸から肝臓に蓄えられ各細胞にエネルギーとして送られます

すぐに燃えるガソリンみたいなものですので元気回復に即効力があります

脳が疲れた時に甘いものを欲したり、ゴルファーがラウンド途中でよくバナナを食べるのを目にしますが、筋肉による疲労回復にも即効薬として効果があります

これとは別に生物の体内は飢えた時にすぐに死なないような工夫があります

それはエネルギー代謝がガソリンのような糖質ではなく、炭火のようにじっくり燃えるような物質、すなわち脂肪やタンパク質によるエネルギー代謝が相当します

水だけで数週間断食しても死なないのは、体内の脂肪やタンパク質をゆっくり燃やしているからです

つまりダイエットするにはこの方法が自然で最も適しています

断食するまでもなく、糖質を抑え肉や油脂でエネルギー源を補給することでメタボにならなくて済むという方法があります

「ケトン体による体質改善」という新しい学説が昨年末に公表されました

ケトン体というのは脂肪酸がエネルギーに変わる時に肝臓で形成される物質です

脳内のブドウ糖が枯渇した時のバックアップ回路です

日本では炭水化物60%という推奨値を提示しています

炭水化物といっても、白米は90%以上糖質であり、きのこ類の糖質は0%に近いので食品によって含有率が違うので間違って解釈しないことです